FC2ブログ
blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

哀愁の中年男

Author:哀愁の中年男
皆様はじめまして。よろしくお願い致します。
齢五十になる変態マゾ男でございます。
たいした事は書いてありませんが、私なりのマゾ半生を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
C a t e g o r y A r e a
現在表示しているカテゴリ = [青年期]
カテゴリ一覧
未分類 (0) |少年期 (5) |フェチ (7) |青年期 (10) |妄想 (5) |M女性 (17) |SMクラブ (4) |
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20111219]
最近のテレクラ事情はよくわかりませんが、当時はサクラがあまりいなかったように思います。
いないと言うよりも必要なかったのでしょうね。なにせ普通の女の子からの電話がバンバン入ってきてましたからね。
今思えば、女性から男性にアプローチする初めてのシステムだったのではないでしょうか?
tel1_convert_20111219170101.jpgtel2_convert_20111219170128.jpg
特に平日の昼間なんかは、暇を持て余した主婦からのコールが凄かったですよ。私みたいなものでも入れ食い状態でしたから・・。主婦の不倫が流行り出したのもこのころからですよね。
ただ残念なことにSM嗜好の女性は少なかったです。特にS嗜好の女性は本当に希でした。
だいたいノーマル6、M嗜好3、S嗜好1といった感じでした。まだまだSMが世間から変態と思われていた時代でした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011-12-19(Mon) 17:17 青年期 | TB(0) | コメント:(0) | 編集 |
[20111218]
時代とともにご主人様探しの手段も変わってきました。雑誌の交際欄から電話を使った手段に変化していったのです。
それは『テレクラ』『ツーショットダイヤル』『伝言ダイヤル』などです。
これにもハマりましたね。手紙でのやりとりでしたら分かりにくかったお相手の雰囲気がよく分かりましたからね。
ただ難点ありました。手紙でのやりとりよりも手軽になったぶん、金銭目的の女性が多くいたことです。
当時はイメクラなどなく風俗と言えばソープぐらいしかなかったので、そこで働くには抵抗のある女性が多く登録いていました。ソープでは働けないような容姿・年齢の人も多かったかな?SM女性は風俗嬢のなれの果てみたいな・・・。
sp1_convert_20111218154313.jpgsp2_convert_20111218154348.jpg
現在のようにサクラだらけの『出会い系』よりはマシかも知れませんけどね。
2011-12-18(Sun) 15:10 青年期 | TB(0) | コメント:(0) | 編集 |
[20111217]
男性に調教されるのも悪くはないのですが、本音を言うと少し違う感じがしました。
真性のホモじゃないからかも知れませんが、ご主人様にお会いする時にときめきが感じられないのです。女性のご主人様の時はお会いする時からときめきが始まって、調教していただいている時は夢気分なんです。特におみ足を舐めさせて戴くプレイや聖水プレイは、やっぱり女性のご主人様がいいですね。
asi1_convert_20111218120659.jpgosi2_convert_20111218120727.jpg

2011-12-17(Sat) 21:35 青年期 | TB(0) | コメント:(0) | 編集 |
[20111216]
ホモの世界ではウケ(入れられる側)とタチ(入れる側)があって、ウケ専(受け身専門)の場合マゾ気のある人が多いみたいです。ですからこちらの世界ではマゾ男は珍しくなかったみたいですね。
そういう事もあって比較的簡単にS男性は見つかりました。ここでも一通りの調教は経験しました。
hoho1_convert_20111216154738.jpg hoho2_convert_20111216154906.jpg

フェラチオはご夫婦にお仕えしたときに経験済みでしたが、アナルSEXは初めての経験でした。
バイブや張り形をアナルに入れられたことはありましたが、ホンモノのおチンチンは初めてです。お尻の穴はもう拡がっていたみたいで痛くはなかったのですが、奥まで突かれたときはオシッコが漏れそうになりました。
アナルSEXは快感というよりも、男が男に犯されているという背徳感に感じていました。マゾの本能でしょうか?
2011-12-16(Fri) 15:44 青年期 | TB(0) | コメント:(0) | 編集 |
[20111215]
先日も書きましたように、スワッピング雑誌で知り合ったご夫婦はM妻S夫の方がほとんどでした。
つまりM奥様と私が、ご主人様に調教されるプレイがほとんどでした。今まで男性から責められる事など想像もしていませんでした。でも実際にプレイすると思うほど嫌悪感がないのです。根っからのマゾ体質なんでしょうね。
その時『もしかしたら自分はホモなのかも知れない』と思い、S女性を探すことに挫折していた事もあり男のご主人様を探すことにしました。探す手段は前と同じように『薔薇族』『さぶ』といったSM色の強いホモ雑誌の交際欄です。
hm-_convert_20111215183451.jpghm_convert_20111215183400.jpg

2011-12-15(Thu) 18:33 青年期 | TB(0) | コメント:(0) | 編集 |


copyright © 2017 哀愁の中年男 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。